FXの手法と有効性 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職がFX

FXの手法と有効性

投稿日:

こんにちは、金丸です

 

FXについて、本を検索してみると、「私が1年で○○百万稼いだ手法を公開します」とか、「常勝しているFX手法」等の表題の本を目にします。

負けてばっかりだった時の自分は、この手法に関する本を手に取り、このように利益が取れたら良いなーと、必死になって読んだ記憶があります。

本に書かれている手法は、主にチャートにテクニカルを表示し、ある形になった時にエントリーをし、あるパターンになった時に利益確定をした方が良いと書かれていました。

ご丁寧にエントリーとエクジットのポイントまで書かれているので、誰でもできそうかと思うのですが、使ってみるとこれがまた全く持って機能しません。

むしろ逆に大赤字になることもしばしば。

結局本に書いてある通りにはならず、最悪の結果となったことを覚えています。

FXの手法の本は嘘が書いてあるのか?

では、FXの手法の本は嘘が書いてあるのでしょうか?

この答えは、『 否 』

正確に言うと、当たる時もあれば、外れる時もあるというのが正しい表現です。

ではなぜそんな事が起こるのかというと、それは使える環境にある時と、そうでない時があるからです。

例えば私が実践した下記の手法ですが、この手法は、仲値よりも前に買いでポジションを持ち、仲値で決済して利益を出すという手法です。

ポジション保有時間はどんなに長くてもおよそ3時間程度。平均1時間程度だと思います。また仲値の特性を狙うので成功率も高い。

https://xn--40-g73a1ae4fvewa41al29xboepx7hruk8snno5b.com/2017/05/21/%E6%89%8B%E6%8C%81%E3%81%A1%E8%B3%87%E9%87%9110%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%A7%E3%80%81%E6%AF%8E%E6%9C%883%E4%B8%87%E3%82%92%E7%A8%BC%E3%81%90%EF%BD%86%EF%BD%98%E6%89%8B%E6%B3%95/

それゆえ、こちらは、かなり有効だと思いますが、それには条件があります。

それは相場を上下させてしまうような重要な経済指標がその時間近くに無いこと。それと、その日開始時点のレートが上げ基調もしくは横ばいであることが条件です。

下落傾向だった場合は、本当に仲値の10分前とか、ぎりぎりにエントリーし、利益が出ている時にエクジットした方が良いです。

ということで、こんな小さく、尚且つ時間限定の手法ですら、上記の条件がないと外れてしまうこともあるんです。

結局手法は、その手法が生きてくる環境でないと、全く意味を成さないというのが自分もいろんな手法を試した上での考えです。

FXの手法の本は役に立たないか?

ではFXの手法の本は役に立たないのでしょうか?

私が読んだ手法の中で、2つ紹介します。

1つは、一目均衡表の雲抜け時のトレード手法。

本では、雲を抜けた瞬間に買い、再度雲に入ったらエグジット。この手法だけで年間500万稼いでると書いてありました。

FXを数ヶ月やった人なら分かると思いますが、この手法は常に使える訳ではありません。

使える時はトレンドが出ている時だけです。でも不親切な事に、本にはその事が一切書いてありません。

2つ目は、移動平均線を使った手法

本の中では、短期の線が長期の線より上に位置している場合はロング。長期線と交わってらエグジットと書いてあり、実践者はこれだけで年間700万以上儲けているそうです。

この手法も一見すると使えそうですが、この手法が使える環境はトレンド相場のみです。レンジで使う場合は、損切りの連続が予測されます。

ちなみに、ここ数ヶ月間では、レンジ相場が圧倒的に多かったので、この手法にこだわっていたら、かなり損していると思います。

沢山の手法の本を読んだつもりですが、どの本も何故か環境認識という、1番大事な要素が抜けていました。まあ、環境認識は説明するのが難しいのでしょうがないんですが、結局は分かる人にしか分からない内容になっています。

FXの手法が紹介されている本は、環境認識が出来る人しか使えない

FXの手法が紹介されている本は、結局は環境認識が出来る人にしか使えません。

故に、環境認識が出来る人にとっては、有効な情報になるのかも知れませんが、環境認識が出来る人は、別に手法が無くても勝てるので、あくまで目安になるという程度だと思います。

これが自分なりの回答です。ある程度勝ててる人はこの意味がよく分かると思います。

別に本を売るのを邪魔したくて書いている訳ではありません。

むしろ、本を買って見たけど、どうしていいか分からない人の為に書きました。何かしらの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

2月27日からのドル円相場展望

明日からのドル円相場展望だが、普通に考えたら、ドルの値動きが落ち着くかどうかを見守る週になるというのが正直な気持ち。とりあえずこの週も経済指標で動く可能性が高いと思うので、それを見ながら判断することに …

10月4日から8日の相場展望

明日からの相場展望ですが、結論を言うと、様子見にしたいと考えています。 先週はドルが大きく動きました。ここのところ相場に対する不安要素が多く、数週間様子見にしていましたが、先週少しは不安要素が減ったの …

2017年2018年の失敗トレード

こんにちは、金丸です   これから自分の失敗トレードを書いていきます。これは自分への戒めです。同じ過ちを繰り返さないようにします。尚常時加筆しますので、ご了承願います 2017年、2018年 …

10月11日から15日の相場展望

10月11日からの相場だが、結論から紹介すると、【様子見】としたい。 理由だが、1,原油高をはじめとした商品相場の高騰(今のところ解決のめどが立たずの状態。今でも円売りに反応しているが、さらに継続する …

9月26日からの相場展望

9月26日からのドル円の相場展望だが、日銀の介入に注意しながら、個人的にはドル円を中心に取引をしてく予定です。上か下かの判断は個人的には持っていますが、根拠が乏しいので、見解は控えます。 一応今の相場 …

カテゴリー