12月21日から25日の相場展望(年内最終) | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職がFX

12月21日から25日の相場展望(年内最終)

投稿日:

来週の相場展望ですが、クリスマスシーズンで、基本的には海外勢はお休みとなります。

なので、ほぼ動きがないと思っています。

動くのは、年末30日からの可能性がありますが、

例年の動きを見ていると、1月7日とか、その翌週以降ではないかと思います。

1月は新年度ということもあり、結構大きく動いては、その逆に持ち上げた動きをしたりと、結構激しい動きをしている印象があるのですが、来年はどうなるか?

相場参加者がかなり減っているので、来年は動かないのかもしれませんね。

コロナの影響があることから、予想もできませんが、

今までの固定観念みたいなものは通用しないような相場になっているので、様子を見ながらやっていきたいと思っています。

それとこれでこの相場展望については年内最終更新とさせていただきます。

一応イギリスとEUとの通商交渉が、12月13日が期限ということでしたが、再度延長されています。遅くても年内が交渉の最終期限といっていますので、これがどうなるか?というイベントが残っていますので、ポンド関連は注意してください。

以外では先週FRBが、「コロナが完全に収束するまでは、金融緩和を継続する」と公表しました。

かなり保守的なコメントとなったと思われた方もいるかと思いますが、もしかしたら、日本なんかとは比較にならないぐらい、コロナの影響が深刻なのかもしれません。

この流れがある限りはドル安という流れになりますが、102円台は、日本としても良くないレベルではあります。

またドル安の関係でユーロが上昇していますが、こちらに関しては、フランス財務省が高値圏だと警告していますし、いつラガルドからの高すぎる発言が出てもおかしくない状況にあります。

これらの点は金融緩和などの影響があることなので、これまた読みずらい問題です。

来年まで持ち越し、来年もまたこの話題でガチャガチャするでしょう。

早いとこコロナが収束し、相場に影響を与えないような状況になってもらいたいものです。

相場に関しては、あまり一生懸命にやらず、当分の間、気にならない適度に、適当に向き合っていくのが良いのではないかと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

年明けは動きそうなときに更新する予定です。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【FX】米中貿易問題について

米中貿易問題ですが、アメリカ側が関税を上げた事で、中国が怒って話し合いが終わり、貿易戦争に突入かとの話もありましたが、中国との話し合いが継続になりましたので、為替も落ち着いています。 ただ今の状況は、 …

今週の相場展望

今週の相場展望ですが、結論から紹介しますと、 正直な話半分ぐらい様子を見てみたいと思っています。 先週が想像以上に激しい動きになった事もあり、今週はそのリバウンド的な 値動きを見て、そこで取れるならと …

先週の為替と来週の相場展望

来週の相場についてですが、結果から申し上げますと、先週と同様、動きにくい相場になると考え、レンジ取引とみて小ロット取引が良いかと考えています。 但し、ご存じかと思いますが、先週はトランプを初めとして、 …

7月18日~22日のドル円相場展望

7月18日からのドル円相場展望だが、結論から言うと21日までは下がりやすいのではないかと考えている。一応前週の水曜日のレートである136.8-137.8ぐらいまでは落ちる可能性が高いと思う。 理由だが …

先週の為替と来週の相場展望(様子見)

先週の為替ですが、ドル円は一時104.99の安値を付けました。 ここの所の暴落は、コロナウィルスと、この暴落に合わせ、ヘッジファンドなどが売っていることによるものと言われています。 一応今の価格につい …

カテゴリー