11月8日から12日の相場展望 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職がFX

11月8日から12日の相場展望

投稿日:

11月8日からの相場だが、先週と同じようなレンジ取引になる場面があると考え、その際はドル円を中心に取引していきたいと考えています。

一応注意すべき指標は、10日の米消費者物価指数。

以外では、FRB議長を、バイデン大統領が指名する予定になっています。今のパウエル議長は、インサイダー取引(議長が発表前に株などの金融商品を購入。発表後に売り抜け利益を手にした)に近いものが発覚しており、アメリカの議員から退陣しろ!FRB議長を変えろ!という声が出ています。

既に議長以外のFRB議員は2人、辞任しています。同様のインサイダー取引発覚が辞任の理由です。

そんな事から、今回は変わっても全くおかしくないと思います。後任はパウエル議長よりもさらにハト派(慎重な人)となっているので、もしパウエル議長が後任に変わった場合には、ドル売りの要因になります。またもし変わった場合は、今後のFRBが非常に注目を集める指標になると思います。今までの路線をすべてちゃぶ台返しとして、ひっくり返す可能性すら秘めているからです。

変わった場合は大きく動く可能性が高いと思うので、注意しておいたほうがいいと思います。

以外、原油をはじめとする商品高騰、金利、株式市場などとの連動があるので、その点を注意しながらにしていきたいと考えています。

先週の概況

先週最も注目していたアメリカFOMCは、緩和終了を公表しました。為替相場に関してはすでに織り込み済みだったようで、小動きで終えています。

それとイギリスの金利発表ですが、予想が利上げだったことに対し、発表は据え置きだったので、ポンドが大きく下落しました。ただ12月に金利発表が控えていて、その際に利上げするのではという見解が出ています。

これはコロナが影響しています。

コロナというのは国民が食べていくのが精いっぱい。外国に輸入するまで手が回らない。どの国も一律そんな状況になっています。そんな中で重要視されるのが輸入です。自国通貨が強くなれば、安く輸入できるので、とりあえずはという意味でどの国も自国通貨を強くしたいと考えています。そのほうが経済の混乱が防げるからです。

イギリスはそれに加え、ぶれぐじっとがあったり、原油高の影響もかなり受けているので、他国と比べると、金利を上げたいという気持ちが深刻なようです。この点はイギリスの金利を決める総裁が、【ある程度までの金利の上昇は容認する】と発言したことからもそのようにとられています。(今回この発言をした議長はコロナの再感染が深刻だったので、利上げに反対票を投じていますが)

そう考えるとポンドは上昇するのか?と考えてもおかしくないのですが、実はこの 【ある程度までの金利の上昇は容認する】 という発言が出たのが確か3週間程度前だったと記憶しているのですが、その際に、この相場展望で書こうかと考えたことがありました。かなり強いコメントなので、ポンドの買いが入るかな?と思ったのと、少なくても下がらないのではと考えてここに書こうかと思ったのですが、その後の値動きはというと、結局ジリジリと下げていた状況だったので、書いて読者様を混乱させないでよかったなと感じています。

まあ1種の要人発言ですが、今はコロナの問題がまだあり、不安定な時期なので、どうなるかは分かりません。またコロコロと見解が変わる可能性もあります。その点は動かない相場だったり、不安定な相場を見てもご判断いただけると思います。

まあ一応ポンドはこんな感じでした。動いた際は早い通貨なので、どっちもありという考えで追っかけるように取っていくという感じになるのでしょうか?

それと先週あまり動かないのではと書いたオージーの金利発表でオージーが大きく下落しました。発表自体は予想通りだったのですが、まだ金利を上げにくい状況で、いつ金利をいじるのか見通しが立っていないというコメントから売られました。ただしこの国は小国で、舌の根が乾かないうちに違うコメントをするときもありますので、ちょっとどうなるか分からないというところです。ポンドと少し似ているようにも感じます。

最後に

書いていてあまり役に立たないというか、これではしょうがないだろうというようなことばかりなのですが、その理由はやはり方向感が出ていない。これにつきます。

ただ、普通に考えたら、こっちに行ってもおかしくないのではという常識的な判断は頭の中にあるのですが、実際の相場がそっちに行かないので、どうなっているのか?と思う時があります。

もちろん今は原油高、株式市場が盛り上がっている、金利が下がり始めている、ドルインデックスも弱いという色んな要素が、色んな方向性を向いているために発生していることだと思うのですが、この点が中々まとまらないですね。

今までの常識や、例年の値動きなどはあまり考えず、今の値動きに集中して、ストップを浅めに入れて勝負する!そんな状況ではないかと考えています。あくまで個人的な見解なので、相場は自己判断でお願いします。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【FX】中国から米中貿易について早期合意を求める発言

任鴻斌 中国商務省次官補より、 できるだけ早期に中国と米国の双方が納得する通商合意を得られることを期待するとのニュースが流れました https://jp.mobile.reuters.com/arti …

4月10日からのドル円相場展望

4月10日からのドル円相場展望だが、水曜日、木曜日、金曜日に公表される米指標の結果次第ではドルが大きく動く可能性がある。経済指標の結果は読めないので、その時間帯を注意してトレードすることになると思う。 …

9月6日から10日の相場展望

今週の相場展望ですが、結論から紹介すると、【月曜日から火曜日の値動きを確認後、参戦する予定です】 今週のドル円は小動きで推移すると考えています。 動きそうな指標は、9日ユーロの金利発表、同じく9日、1 …

4月19日、20日のパチスロとFXの結果

今週は月曜日から金曜日迄最低でも5連続でパチンコ店に入店した。 記録にでもしておかないと忘れてしまいそうなので、残りの19日と20日の稼動とそれぞれのFXの結果について紹介します。 興味ある方はご確認 …

先週のFXの結果と今週の相場展望

先週のFXですが、典型的な夏枯れ相場(海外勢はほとんどが夏休み。約1ヶ月程度と長く、その間は相場参加者が激減する)だったのかもしれないような値動きに思えました。 殆ど動かない中、収益を伸ばしたいという …

カテゴリー