無職は怠け癖の塊 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職の考え

無職は怠け癖の塊

投稿日:

無職

今日は珍しく朝から漫画喫茶に来ている。

一昨日はパチンコと温泉。

昨日はパチンコ。

もちろん2日とも大負けとあいなり、さすがに行くのが怖くなって消去法で漫画喫茶に入店した。

一応漫画喫茶に来た理由は、ネットを使って何とか2日間の負けを取り戻すこと。

無料で使えるチャートの中で、結構お気に入りの外為の高機能チャートを見ているが、FXは動きなし。

その後くそみたいな内容のブログを書き、予約投稿をして今に至る。

本当はもっと何かを頑張らないといけないとと思うのだが、思えば思うほどやる気がなくなってしまう自分はどうかしいているのかと思う。

無職がやる気が起きない理由

無職

無職になると何をするにも時間がかかる。また何もしない時間が異常に多い。

これはどの無職も口をそろえて言うことである。

会社員のように、一日のやるべき仕事があったり、やらなければいけない環境にあると、人は目の前のことに没頭するものだが、そうでない環境にいると、何も進まない。

何かやる気になって漫画喫茶に入店したものの、くだらない記事を書き、その後疲れて寝てしまい、起きたら何故か競輪や競艇がやりたくなり、気が付いたらギャンブル。

そして漫画喫茶なんて入らなければ良かったという結末になってしまったこともあったりする。

ようはやる気がないのならまだ良いのだが、やる気があると変なことに使ってしまい、その結果により、更にやる気がなくなるという事態になっているのではないかと、冷静になった今そんなことを考えるようになった。

やることを決める必要はない

でもかといって、毎日これをする!ということを、わざわざ決める必要はないと思う。

逆にそういうのが決まっていると、なぜかそれをやらないタイプなので、自分みたいのはこういうのを考えないほうがいいと言うことが分かっている。

風の吹く向くまま気の向くままという言葉がある。これは有名な寅さんのセリフだ。

こういう事を言っている時点でバカ確定だと思っていたが、無職の人というのは結構こういう生き方に落ち着いてしまう人も多いのではないかと感じる。

なぜそんなことを思うのかというと、最近パチンコを打っていて思うのだが、【確実に毎日来て、毎日負けているアホな人を目の当たりにしたからだ!】

多分寅さんはこう言いたいんだと思う。

風のむくまま気の向くままではダメだよ。俺みたいになっちゃうから。

この言葉を聞いて、何か感性を刺激される人は、今からでも遅くない。行動したほうが良いと思う。

何もしないとフーテンの寅さんみたくなっている。それが無職なのかもしれないなと思う。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職の考え

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

年収1億円以上稼ぐ職業ランキングを見て思う事

ハーバービジネスオンラインというサイトで、年収1億円以上稼ぐ職業ランキングなるものが紹介されていました。 先ず結果から言うと、年収1億以上の職業とは、以下のようなもの 無職 <年収1億円overの職業 …

文書を書き続けて分かったブログの効果

今回は少しまじめな話です。 今の自分は、アフィリエイとブログで割と多くの文書を書いています。 アフィリエイトに関しては、一応読んでくれる人を設定し、その方に対し、ある事について、分かりやすく説明する文 …

戦争のニュースを見ない方が良い理由

無職 2月24日、ロシアがウクライナに侵攻し、戦争が始まったわけだが、自分はそこからずーっと戦争のニュースを見続けていた。 FXの為というのもあるが、【こんな事が現実に起こるのか?】、【一体いつ終わる …

だらしない。だらけているなーと感じている無職

こんにちは、無職の金丸です。   無職になってから、相変わらずFXの収支が良いです。 本日も今21時40分ですが、既に軽く見積もっても15万は勝てています。 でもそれがあってか、最近異常なぐ …

道は自分で決めるもの

無職 無職になって最低でも7年は過ぎた。毎日のようにパチンコ店に繰り出し、負けを続け、心が折れたときにこのように漫画喫茶にきてブログを書いているのだが、そんな生活の中においても、自分の脳内はストレスが …

カテゴリー