温泉でキマル!という意味と方法 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職の考え

温泉でキマル!という意味と方法

投稿日:7月 6, 2021 更新日:

無職

【もろずみげんずぶーる】というパチスロライターがいるのだが、この人は最近サウナにはまっているらしい。「何が良いのか?」というと、サウナにいくと【キマル】らしい。

【キマル】とは、覚醒剤で気持ちよくなるという状態のようになるという意味で、本当に気持ちが良いらしい。

でも自分は温泉は好きだけど、サウナは入らない。

【キマル】ってなんだ?と頭にあったのだが、温泉でもそれに近いような状態になることが分かったので、今回ここで紹介させて頂きます。温泉を楽しみたい方はご覧になってください。

サウナで決まるという意味

とあるパチスロ番組で、もろずみ氏が言っていたのだが、サウナで決まるというのは、熱い中我慢してサウナに入り続ける。一定時間入っていると、体の芯まで温まり、汗がとまらなくなる状態になるらしい。

そしてその状態になったら外に出る。外の風に吹かれいても全然寒さを感じない。そしてこの状態が最高に気持ちがよく、この状態を【キマル】と言っていた。

温泉でキマル方法

では温泉でキマルにはどうすれば良いのかというと、やり方はとっても簡単だ。

体が温まる泉質の温泉に行き、30分以上長湯する。

その前に汗が出てくるのでわかると思うが、とにかく体が滅茶苦茶温かい、もう、熱くて入っていられないというぐらいになったら出てみる。

最初に水などできちんと水分を補給し、風に当たってみたさい、「心地よい!」と感じることができればOKだ。

後は温泉に入らず、風にあたり、風を楽しんでいるのが楽しみ方。

因みに自分は頻繁に温泉に行っているのだが、寒い時期でも外で風にあたっている人をみて、「寒くないのか?」と思っていたが、先日温泉に入りこのような状態になった際、「体が芯まで温まったから風にあたっているのか!」というのが分かりました。

気持ちいいので、温泉によく行かれる方は、やってみるのもアリだと思いました。

但し、入浴前に水分は絶対に補給すること!それと湯あたりしない人がいいと思います

以前西新井の温泉に行った際、20代か30代の人が、脱衣場で倒れていました。温泉で温まりすぎて脱水症状になったんだと思います。全裸で腰抜かしたような状態になってました。下手したら救急車呼ばれてもおかしくないくらいな状態に見えたし、実際に自分の知り合いは脱水症状で救急車で運ばれた事もあるので注意してください。若くてもなる可能性があります。

水分とらないでいると、結構悲惨なことになりかねないですし、我慢しすぎて何かあっても困るので、やるにしてもほどほどに。慣れない人は、慣らしながらやった方が良いのかと思います。

こんな事を書いておきながらですが、危険も伴うので、自己判断でお願いします。

無理ないようにするのが一番です。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職の考え

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

無職に必要な物

こんにちは、無職の金丸です。   無職歴に関しても1年が過ぎました。 これだけの期間無職をしていると、とにかく時間だけは沢山あるので、色々と考えます。 そんな中、自分が考える無職に必要な物に …

無職が実践するべき成功法則

こんにちは、無職の金丸です。   私は無職になり、早いもので約1年です。無職になり、初めの頃は色んな意味できつかったのですが、今は精神的にも何とかやっていられます。そんな自分の心境の変化につ …

7年間車中泊のパチプロが語る現在の状況

エスパーヨシカワさんというパチプロがいるのだが皆さんはご存知でしょうか? 彼は車で日本全国を移動し、勝てそうな店を見つけたら、その付近に車を止め、車中泊で稼ぎきるというスタイルで、約7年間(2328日 …

仕事がない友人に対し贈る言葉を考えてみた

前回バーベキューに行った際、 落ち込んでいた自営業の友人がいたので当たり障りない範囲で状況を聞いてみたところ、 1、コロナで仕事が無い 2、頼りにしていた仕事のパートナーが1人無くなり、仕事する為の人 …

会社員って何なんだろう?

こんにちは、無職の金丸です   今は土曜日の早朝。 むかし会社員だった時の自分は、土曜日は、1年中出勤だった事を思い出しました。 土曜日というのは、普通の会社は休みという事もあり、それを思っ …

カテゴリー