労働していない事に罪悪感を感じる無職 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職の考え

労働していない事に罪悪感を感じる無職

投稿日:

こんにちは、無職の金丸です。

 

今は漫画喫茶に来ており、その中でブログを更新しています。

比較的受付から近い場所に案内されたので、書きながらも伝わってくる受付の声「いらっしゃいませ。どのぐらいの時間ご利用予定ですか?」とか「いくらになります。ありがとうございました」とかいう声が頻繁に聞こえてくる。またその声が終わった後は、清掃でもするのだろう、店員が動く音が聞こえてきます。

あー、彼らは働いているなーというのを実感しつつ、自分がしていることは、本を読んだり、FXしたり(放置だけど)、パソコンで検索したり動画見たりしているだけ。

そして先ほど買いのドル円が決済されたので、日当ぐらいは出ました。

方や働いているもの。方や働かず、パソコンいじりながらも、日当は稼いでいるもの。

どちらを選択するかといったら、完全に後者。

 

会社員だった時も、完全に後者になりたいと渇望していたから間違いのない事実。

でも、何故かちょっとした罪悪感のようなものを感じます。

「働かないで良いのか?」か、「これで良いのか?」という感情が心の奥底にあるのが分かります。

なんか世間から隔離されているような感覚すら覚えるときもあります。

不思議なものです。

 

でも、ここで自分はこのように考えました。

自分が希望する人生は、先ほどの例だと確実に後者。簡単に言えば、最低限の時間で最大の利益を出して、お金と時間を確保していきたい。またそこで出来た時間を使うことが出来る人生を送っていきたいということ。

1年間、休めても1/3しか休日がないサラリーマンでは無く、できたらそれ以上の時間を自由にしていたいと考える自分は、今一生懸命に足場を固めて、この生活を維持できるように、まずその事に対して時間を使っていくべきでは無いか?

と考えています。

 

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職の考え

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

外出自粛期間中にパチンコをしている人にインタビューした結果

コロナにより多くのパチンコ店が休業をしている中、数少ない営業店にいる客にインタビューをした結果、以下となった。 大阪府や兵庫県では営業店舗名を公表したものの、これが“宣伝”となって客が集まる現象も起き …

志村けんさん、死去で思うこと

タレントの志村けんさんですが、 3月29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため、東京都内の病院で死去しました。70歳だったそうです。 人工心肺装置も付け、最良の医療を受けたにも関わらず …

無職体験してみた方が良いのかもしれないと感じた事

無職 自分が勤務先を退職し、無職になることを決断したきっかけは、自分と仲が良かった営業マンの影響が大きい。 会社内でつまらなそうにしている自分のことがわかったのか、会社にいても、「こんな所でこんなこと …

パチンコやスロットが好きな人の思考回路

自分はパチンコ・パチスロにハマっていました。 仕事をしていた時は、仕事帰りに行ってましたし、休日も、用事が済んだら、帰宅まで2~3時間しかないのに打ってました(時には30分勝負の時もありました) また …

道は自分で決めるもの

無職 無職になって最低でも7年は過ぎた。毎日のようにパチンコ店に繰り出し、負けを続け、心が折れたときにこのように漫画喫茶にきてブログを書いているのだが、そんな生活の中においても、自分の脳内はストレスが …

カテゴリー