今週のFXの結果と来週の相場展望 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職がFX

今週のFXの結果と来週の相場展望

投稿日:

今週のFXですが、様子見しようと思っていたのですが、競輪旅行で散財したので、主に月曜日から火曜日をメインに

相場をやりました。結果は、約12万のプラス。相場環境が不安定に見えたので、殆どが秒スキャです。

尚今週から新規取引件数、決済件数(LOT数)が出るようになりました。

先週は310万通貨取引して、12万のプラスなので、

一回あたりの決済PIP数は約4PIPです。

因みに先週は常に相場を見ていましたが、水曜日以降は、流石に怖くて、ほんの少し取引できた程度です。

メインの稼ぎ頭であるドル円、オージー円は、全て下がったところを買い、少しの利益で決済し続けたものです。

来週の相場展望

先週は水曜日木曜日のアメリカ株の下落により、相場も大きく円高に動きました。

NYダウが崩れたのが原因ですが、そもそもNYの株式市場のオープンが、日本時間の23時程度となっている

関係で、寝ている時に大きく下がってびっくりしたという方も多いかと思います。

金曜日の日経平均が上げたこと、金曜日のNYダウも上昇したことで、水曜木曜の下げも、

金曜日には一旦下げとまり、日脚のチャートからも、十字線という、相場転換を表す足で終えています。

来週の相場ですが、一番の注目点は、この株式市場の下落が本当に下げ止まったのか?

その点をしっかりと見極めた上で売買するかを決めていきたいと考えています。

尚、今回のアメリカ株の下落の原因は、一時的な調整という説が主流になっています。それを鵜呑みにすれば、来週は円安と

考える事が出来ますが、果たしてそれで大丈夫なのでしょうか?

その点は各人の判断にお任せします。

来週の経済指標と注目通貨

来週は割と重要な経済指標の発表が多く控えています。

その結果でも動く可能性はありますが、相場を一番動かすと思われる要因は、やはり株式市場が下げ止まったかという点。

よって経済指標は副次的な要因。

株式市場次第という点が大きいので、ここでの紹介は割愛させていただきます。

各人でご確認をお願いします。

ドル円

上は押さえつけられているかのように重いですね。

112.5を超えられない。(NYダウの反発が鈍いことも要因)

でも下もある程度は固い。

今週はこの動きが継続するかを見ていきたいと思っています。

NYダウがしっかりと戻してくれれば、再度上昇となると考えています。

ユーロドル

10月18日、19日の日程でEU首脳会議が開催されます。

ここで先に提出したイタリア予算案の問題、ブレグジット問題についても協議が行われると思われますので、この両日の要人発言には注意が必要です。

以外にも今後行われるであろう米欧通商協議などがあります。

イタリアと米欧通商協議は下げ要因の方が多いように思えます。

ブレグジット問題については結果次第。合意に至る事となった場合(流石に難しいとは思いますが)にはそれなりの上昇もあるかもしれませんが、この点はそれを市場がどう受け止めるかという事。今までも散々報道されてきている関係で、無風の可能性が高いと思いますが、

サプライズがあった場合には動く可能性があります。勿論この場合はポンドの方が大きく反応すると思いますが。

何にも無ければ若干下から中立に見えますが、どうなることやら?

日脚のチャート的にはボリンジャーの2シグマ付近からの反発となっているので、買いサイン点灯です。

ダウ理論的にもまだ生きています。そういう意味でもどっちに動くのかが注目される通貨です。

ユーロドルは割りと大きく動くので、値動きを見ながら、売買を決めていきたいと思っています。

ポンド円

ほとんど見ていませんが、先週もブレグジット絡みのニュースで動いただけの通貨で終わりました。

ネガティブかポジティブかについても全てはニュース次第みたいな点が一番強い通貨となっているように

個人的には思います。

少し前から触っていませんが、今週も触る予定はありません。

オセアニア

先週は反発するかと見ていましたが、アメリカ株下落という事もあり、結局は下げてしまいました。

未だに米中貿易問題が激化するのではという懸念から、売りが優勢のようです。

ここまで上がれないと、流石にちょっと怖いですが、今週は若干でも戻してくれるのか?

それを見ていきたいと思います。

個人的にはオージーは様子見。ニュージーは若干上に行きたそうに見えますがどうなることやら?

まとめ

予期せぬアメリカ株暴落の影響で、出鼻をくじかれてしまい、正直逃げ腰になっています。

積極的に取引をしたいという気持ちは皆無。

とりあえずこの状況がいつまで続くのか?動くとしたらどの程度までいくのかを見極める事が大事だと考えています。

それが出来たら勝負するつもりですが、そうでない場合は様子見に徹する、若しくは秒スキャ程度にとどめるつもりです。

 

ここの所の相場は、本当に難しいと思います。エントリーについてはいつも以上に慎重にする必要があるかと思います。

変なポジションを持たないように頑張りましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

無職が考えるFXのメリットとデメリット

こんにちは、無職の金丸です。   本日は、GWの中日。9連休取れている人は、全体の15%程度だということですが、この時期が休みの人はおそらく勝ち組です。 勝ち組は、15%のサラリーマンと無職 …

2月1日から5日の相場展望

今週の相場展望ですが、結論から紹介すると、様子見が無難かと考えています。 ここ最近こんな事しか書けません。自分の頭の中を整理して書いているだけなのですが、これが正直な感想です。 理由ですが、日本も緊急 …

対中関税第三弾のニュース

日本経済新聞から、対中関税第三弾のニュースが流れました。 トランプは、17日か18日、中国に対する2000億ドルの関税について、内容を公表するようです。 この関税の発動時期は数週間後。11月の中間選挙 …

9月26日からの相場展望

9月26日からのドル円の相場展望だが、日銀の介入に注意しながら、個人的にはドル円を中心に取引をしてく予定です。上か下かの判断は個人的には持っていますが、根拠が乏しいので、見解は控えます。 一応今の相場 …

トランプ氏は嫌いな人を排除する傾向が強い

アメリカの共和党議員であるマケイン氏が死去した事について、トランプ氏は記者から再三、追悼する的なコメントを求められましたが、沈黙を貫いたそうで、それがニュースになっています。 死去したマケイン氏は、今 …

カテゴリー