【FX】ドル売り推奨の記事 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職がFX

【FX】ドル売り推奨の記事

投稿日:

ブルームバーグというFXをやっている人の中では割と有名なニュースで、

1月はドルが売られがちだという記事が載っていました。

要点をまとめますと、

1、過去10年間で1月にドルが上がったのは3回のみ

2、1月はドル資産を売り、他資産を買う動きが多い(実需のドル売りが発生しやすい)

の2点です。

要するに1月は実需でドルが売られやすい傾向にあるので、ドルを買うのは危ないというか、気をつけた方が良いという内容です

ブルームバーグの記事

この点に対し、私見ならびに対応策について紹介します

1月ドルが売られやすい点に対する信憑性

1月にドルが売られやすいという情報が正しいかどうかという点ですが、

個人的な実体験も含め、これは正しいと思います。

12月末から正月にかけては比較的動かない事が多く、ドルも安定している事が多いです。また1月からはスワップもつくので、どっちかというとドルを買いたいと考え行動しがちですが、だいたい2週目とか、3週目。値動きが活発になる時期に、結構大きく下落する事が多かった気がします。小動きの時に大丈夫だろうと安易に考えて買いのポジションを持っていると、その後下がってしまう事が多いので注意した方がいいと思います。

勿論の事、これは実需のドル売りがあるから下がるということだけなので、もし良いニュースが流れたりすれば当然に上がります。

1月ドルが売られやすい時に対する対応

1月はドルが売られやすいという状況にあるという事は頭に入れて取引をします。但し買いたい時もあるし、ここならという時は買っても全然良いと思います。相場というのは、一方的に落ちることは珍しく、以下の画像のようにギザギザの値動きになるからです。

但し買った場合というのは、下がるということを念頭にいれ、びくびくしながら、ちょこちょことレートを確認しながら、いつでも逃げれる(買いレートよりも下げたら買いレートに指値を入れなおす(建値)ようにするなどの対応をしていけば、大きな損にはならないと思います。

1月ドルが下げやすい事で言いたい事

ブルームバーグの記事で、1月ドルが下げやすいという記事が掲載されました。この点については、個人的にも同感できる部分が多かったので紹介しました。

但しこれは売りを推奨している訳ではありません。また実際にドルが下がるかは分かりません。信じるか信じないかは各人の自由です。

但しこういった知識を全く無い状態で取引をするよりは、ちょっとでも頭に入れておいたほうが良いかと思って紹介しました。

鵜呑みにして取引するのも自由、鵜呑みにせず、各人の判断で取引するのも自由です。個人的に皆様に負けてほしくはないので、相場の判断は各人にお任せします。

来年が少しでもFXで勝てる良い年になることを祈念しています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

11月7日からの相場展望

明日からのドル/円相場展望だが、月曜日東京時間にドル/円が下がるなら木曜日まで見送る。また月曜日の東京時間が上がったとしても、欧州やny でドル/円が売られるなら木曜日までドル/円はポジションを取らな …

【FX】ドル円上昇の理由

2月19日、ドル円は約1.6円急騰しました。 その理由について、個人的な見解を紹介します 但しあくまで個人的なものなので、ノークレームでお願いします ドル円急騰の理由 1つ目は、市場がドル円ショートに …

今週の相場展望

今週の相場展望は、米中貿易問題の報道に振られる展開になると予想します。 特に大きな経済指標の予定もないので、上記で引っ張られる可能性が高いかと思います。 一応週末APECで、中国と米国は米中貿易問題の …

5月27日、午前10時頃、fxに関するニュースが公表予定

韓国の首相と、北朝鮮のカリアゲ様が、本日会合を行なったそうです。 議題は米朝首脳会談の件。 内容は明日の10時に、韓国の首相から公表される予定です。 この内容により、地政学リスクが緩和されるかの判断材 …

4月18日からの相場展望

無職 4月18日からの相場展望だが、この週も基本【様子見】で対応したい。理由はウクライナ紛争の泥沼化だ。先々週はロシアがウクライナのキエフ付近にいる軍を引き上げたという点と、停戦交渉が継続しているとい …

カテゴリー