8月22日からの相場展望 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職がFX

8月22日からの相場展望

投稿日:

8月22日からのドル円相場展望だが、結論は基本は様子見としたい。

22日からのドル円だが、1番の注目材料は、金曜日の日本時間23時から予定されている米パウエルの講演だ。9月の利上げがどうなるのかという点についてがテーマになると思うので、そこでどういう話をするのかによりドルは大きく反応する可能性がある。

但し、米パウエルはデーターを見てからというスタンスである。9月1週目に米雇用統計などの発表が控えているが、個人的にはそのデーターを加味した上で利上げ幅を決めると思うので、そういった話をするのではないかと想定しているが、先週に米高官が相次いでインフレを懸念した発言をし、9月のFOMCでは大幅な利上げが必要と言っているので、今の米国は本当にインフレがひどく、パウエルもそれに同調し、そのような発言をすると、ドルは大きく上昇することになると思う。ただ、個人的には7月14日につけた年初来高値の139.388を今話題となっている0.25の利上げで越えられるかというと、そこには疑問を感じている。上げてもそこまで上がったり、それを突き抜けて勢いよく上昇する可能性は低いだろうと思う。

それ以外では経済指標で反応するかもしれないので、その時間帯はチェックしておいた方が良いかと思う。

先週の値動き

先週は週中まではドル売りの圧力が続いた。経済指標が弱かったこと、米パウエルFRB議長の発言があったが、その中に利上げに関するポジティブな内容が盛り込まれていなかったことが理由だ。

但し木曜日に米高官が相次いで9月のFOMCにおいて、大幅な利上げをするべきという強気発言が重なり、木曜日と金曜日にドルは大きく上昇し、引けている。

今はアメリカのインフレがどんな状態にあるのか?FRBはインフレをおさえる為には利上げも躊躇しないという姿勢を示しており、インフレの状態により、利上げ幅を決定するものというのが大半の見方だ。

そして現状はインフレが高いという高官の話と、インフレが収まりつつあるというメディアのニュースなどが流れていて、どっちが正しいのかがはっきりとしない。直近の値動きでは、米経済が低迷する可能性からドルが売られたという事実があるので、普通に考えると後者ではないかと思えるのだが、先週の米高官はそろって真逆の発言をしてドルが上昇しているので、とりあえず今週はこの点がはっきりとするまでは様子見が良いのかと考えている。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポンド円がアホみたいに上がった理由

8月29日の22時30ぐらいから、ポンド円が急上昇しました。 約2.5円上げて今に至ります。 この上昇の理由ですが、ニュースだと以下。簡単に言うと、ブレグジットが上手く行く可能性のあるニュースが流れた …

今週の相場展望

今週の為替ですが、結果から紹介しますと、円安リスクに注意しながら、小ロットでの取引をしたいと考えています。 先週の為替 先週はユーロドルが一時急騰しました。ユーロのラガルド総裁と言う、例えれば日銀の代 …

11月22日から26日の相場展望(年内最終)

明日からの相場展望ですが、週明けにもFRB議長が決定するらしいので、その決定があった後から取引する予定です。 この週は、FRBの件、その後はアメリカの指標がいくつか発表されますが、それによりドルがどう …

今週の相場展望補足

今週の相場ですが、個人的にこのレベルは円安が強すぎと見ていますが、前に述べた金融緩和で円安の流れになっている為、円安に注意と書きました。 個人的に対円は買いたくない水準にありますが、これを書いて信じた …

先週のFXと来週の相場展望

先週のFXですが、月曜日の始まり値から金曜日の終値を比較してみると、米ドル、オセアニアは総じて円安。 ユーロ、ポンドは若干の円安という値動きに終わりました。 個人的にかなり心配していた米中間選挙は、お …

カテゴリー