6月6日からの相場展望 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職がFX

6月6日からの相場展望

投稿日:

6月6日からの相場展望だが、一応株安という流れになるのなら、それにより反応する通貨ペアの売買をしても良いとは考えている。それ以外は今のところユロスイが下がったら買う程度か。

今週は金曜日に21:30分に米指標が発表されるが、この指標が注目されている。結果次第ではドルが動くかもしれない。但し大きく下がるようなら、一定の買いが入ると思う。金曜日ということもあり、大きく下げた際は買ってみて、月曜日の仲値で売るのはアリだと考えている。

それとウクライナ情勢だが、バイデン大統領は自分の任期中は戦争は終わらないと考えているらしい。バイデン大統領の側近がそのように言っているらしくニュースになっていたが、次回の選挙は2024年の11月なので、後2年も戦争が続くという話になる。

一応その理由は、今はまだロシアに体力が残っているので、今のような小競り合い(ウクライナ対ロシアを武器供与で同じぐらいの勢力に保つ)をさせることでロシアの体力を奪う。また色んな制裁によりロシアは戦争兵器を作ることが日を追うごとに困難になっていくことが予想されるので、ゆでだこではないが、気が付いた時には何もできなくなっている状態を望んでいるのかもしれないが、それにしても長すぎるなと個人的には感じている。

一応アメリカは戦争が長引けば長引くほど、NATO加盟国が増え、NATO加盟国が増えればその国はアメリカ製の武器を装備するわけで、アメリカは戦争が長引けば長引くほど儲かるという構図ができあがるのだが、本当にそれを望んでいるのかもしれないと思う。

もしそうだとすると、第二の小競り合いが出てくると思う。今シリアにトルコが派兵するという話が上がっているが、シリアにはロシアが支援する勢力と、トルコが支援する勢力が相反しているが、ロシアが弱ってきたことを見越してトルコが勢力拡大の良い機会と派兵の考えを強調しているようにも見える。またこのことについてロシアは止めろという声明を出したが、他国は何も言わないのはちょっと不気味でしかない。台湾にしても、ミャンマーにしても、イランにしても、いまだ火種はごろごろと転がっている。

戦争大好きなバイデン大統領は自国の経済のために、また色々と仕掛けてくるのかもしれないと思う。

今のようにロシアとウクライナを喧嘩させて儲けるというような戦法をとるようなら、ドルはまだ上がる余地があるのかもしれない。

これは超個人的な空想込みの話だが、コロナにより経済的な利益が見込めない世の中で、世界は戦争に走り、それにより経済を活性化させたいと考えているのかもしれない。

今は6月6日昼の12時33分。ドル円は130.551のレートです。

自宅のPCはネットにつなげていないので、土日に満喫に行かない場合はこんな感じになります。遅くなりすいません。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノーリスクで1000万の証拠金をもらってFXする方法

今日は自分が利用しているFX会社が、お得なキャンペーンをやっていますので、その点について紹介させて頂きます。 尚、このキャンペーンは利用者にとってノーリスクです(一切の金銭を出す必要なく、運が良ければ …

一生懸命FXをやった結果【5月7日~12日】

先週は珍しく一生懸命FXに取り組みました。 理由は、どんどんと機械化が進み、人が要らなくなる時代になっているのが現実だから。 機械化・自動化で人が要らなくなる時代到来 稼げるうちに稼いでおこう。自分が …

7月18日~22日のドル円相場展望

7月18日からのドル円相場展望だが、結論から言うと21日までは下がりやすいのではないかと考えている。一応前週の水曜日のレートである136.8-137.8ぐらいまでは落ちる可能性が高いと思う。 理由だが …

先週の為替と来週の相場展望

下記あくまで個人的な見解ですので、当たり外れはご容赦願います。 また、最初に結論を紹介しますと、2月3日からの為替については、基本的には丸々1週間見送った方が良いと思います。 理由はコロナウィルスです …

現在の為替状況と米中貿易戦争について

現在8月6日9時45分、ドル円は105.83で推移しています。 8月1日の高値が109.316、そこから3営業日となる現時点で、マイナス約390pipの大きな下落となっています。 何故このような状況に …

カテゴリー