11月21日からの相場展望 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職がFX

11月21日からの相場展望

投稿日:

11月21日からのドル円相場展望だが、24日がアメリカの感謝祭に当たる。感謝祭とは日本のGWみたいなもの。その日を含む27日までの4日間は祝日ムードになる。木曜日から日曜日まで学校や会社がお休みになるので、相場も水曜日まで。

水曜日発表のPMIで動く可能性はあるが、その程度だと思われる。

個人的に139.5あたりまで落ちれば買いで入ってもいずれは救出できるレベルだと思う。基本買い方針だが、正直積極的に上値を追って買いたいレベルでもない。下がったら買い。基本そんな感じでやっていくのが良いのかと思う。

先週までの概況

ドル円は経済指標の数値が悪く、1日で5円下落。翌日も2円下落した後、徐々に反発して終えている。

この下落の理由だが、経済指標の下落分は、アメリカインフレピーク説。指標の結果から、インフレがピークだと判断する人が売ったので下がったといわれているが、個人的にこの1つの指標だけでインフレがピークかを判断するのは時期早々。

それ以外の指標やそれ以外の事を含んで考慮するべきだと思うので、この点は必要以上に下がりすぎだと思ってみていたのだが、もう1つのドル下げ材料がありました。

それは米中間選挙の終了。中間選挙の結果がでるまでは、米国民がインフレ撃退を望んでいたので、米ドル高にしておく必要がありましたが、ちょうど決着がついた時期ぐらいに下落しています。

バイデン大統領はパウエルに全てを任せていました。パウエルもその期待に応えるように、政策金利を上げるなどしてドル高を保っていたのですが、そのイベントをこなしたとたんにこんな感じで下落したので、この上昇分(下駄をはかせていたようなもの)がフラットになったのかもしれません。

この点はあくまで自分の想像も込みの話ですが、こんな状況だと仮定した場合、今のドルは居心地がいい場所(定着するレート)を探している状態なのかもしれないとみています。

徐々に小動きになってきていますが、そんな動きになるのなら、金利分で有利なドルは徐々に上値を切り上げる状態になっていくのではないかと個人的には考えていますが、一応その期日としては、11月末ぐらいまででしょう。

12月のFOMC前からざわざわすると思うので、その時ぐらいには再度売買戦略を見直す必要があると考えています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【FX】先週の値動きと今週の見解

ここ最近のFXの個人的見解(先週の値動き) ここ数週間のFXの値動きですが、今までの通貨バランス(ドル対他通貨、ポンド対他通貨など)が崩れてしまい、その差が埋まっていないように個人的には感じています。 …

【FX】売買判断が難しい時期

ドル円はアメリカ側が関税発動を見送ったとの報道、ポンドの選挙結果を受けた上昇の波に乗り、円安に動きましたが、各種ヘッドラインでは、米中貿易に関しては、アメリカ側からしかポジティブ発言が無く、中国側は沈 …

カショギ氏殺害、相場に対する影響について

サウジ記者、カショギ氏が殺害されたニュースが流れています。 この事について、トランプは、サウジ政府がカショギ氏暗殺をした事が明らかになった場合、制裁を科すと発言しています。 本当の黒幕は、サウジ政府か …

ポンドの現状

今朝方ポンドのEU離脱に関する議会の結果が公表されました。 メイ首相が作成し、EUとも協議が整っている(この案が承認されれば、EUを離脱できる)EUからの離脱案だったのですが、賛成202に対し、反対4 …

あまり積極的に出来なかったFXの結果【5月21日~25日】

今週のFXは、まともに出来たのは月曜日と火曜日だけ。 後は相場が想定外の方向に進んでしまったので、ほぼ見で過ごしました。 情報戦とでも表現すれば良いのか、かなり神経質で、ちょっとしたニュースなどで大き …

カテゴリー