先週のFXと今週の相場展望 | 40代無職が働かないで生活するブログ

40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!当サイト内の記事検索は、サイトマップ(PCのタイトルの左上)をクリックして参照願います

無職がFX

先週のFXと今週の相場展望

投稿日:

先週のFXは、米中貿易問題がどうなるのかが分からず、結局そのニュースに相場が上下する展開となりました。

以外ではポンドが下落しましたが、これはイギリス内部の政党が、次の主権を狙って争っている為、議会が混乱していると判断されているとされています。またメイ首相を辞任させるという動きも出ています。それも下げ要因となっています。イギリスに関しては、ブレグジットが延期されたものの、その後がはっきりと決まっていない。それが不安要素となっている為、それも売られている状況です。

今週の相場展望

今週も米中貿易問題次第。

この問題が解決する。若しくは見通しがつけば、それなりの方向性が出ると思いますが、現時点では全く見えないというのが正直なところです。

この問題については、トランプと、中国の首相との間の話し合いで出るものとされています。

トランプの方は、中国の首相はすばらしい人だとか、良い結果を出す人だと言っているのですが、中国側の回答が未だはっきりとしたものが無いので、何とも言えません。当面は中国の結果待ちとなると思います。

それとこの問題ですが、相反するニュースが流れている状況です。例えば、中国は今後北京でアメリカと話をすると報道しましたが、その点について、アメリカの高官は、もう中国と話す機会はないと話をしています。

またトランプ自身の言うことも、数時間後には全く逆の事を言っていたりするので、正直何が正しい情報なのかと思うこともあります。

ただ、現状の情報の中で、主流は、協議継続。

その為、協議の結果が出たときに、相場が反応すると思います。

協議の結果については、中国との話し合いがついて、関税撤廃となると、円安方向。

中国との話し合いはつくものの、全解決にはならず、協議は継続。関税は残るというのが中間案。

中国との協議が決裂し、貿易戦争突入というのが最悪のシナリオ。これだと円高に動きますし、世界経済が大きく低迷することが想定されます。

今週の対応

今週どうなるのかは米中貿易問題次第。

その結果によっては大きく上下する危険がある週です。

そんな週に合えてポジションを持つのではなく、可能なら少し待って、相場が落ち着いてから。相場の方向性が出てからポジションを持つのが、個人的には懸命ではないかと思います。

今ポジションを持つことは、丁半ばくちに張っているようなもの。

個人的にはそんな考えで相場を見ています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

10月18日から22日の相場展望

今週の相場展望だが、結論から紹介すると【様子見】にしたいと考えています。 円安が止まりません。ここ1カ月ぐらいはインフレ懸念の金利上昇、原油高など商品価格の高騰が続いています。 原油高などは車をお乗り …

8月15日からの相場展望

8月15日からのドル円相場展望だが、基本レンジと考えて取引するのが良いかと考えている。 先週のドル円だが、週中に発表された米消費者物価指数の結果が悪く、ドル円は2円程度下落したが、その後は戻し、金曜日 …

先週の為替と来週の相場展望

先週の為替ですが、主要4通貨について、先々週の値動きと比較してみると、円高になったのはドル円のみ。その差17銭となりました。 以外のユーロドル、ポンド、オージーは円安で引けています。 先週も全体の値動 …

先週の為替概況と来週の相場展望

先週のFXですが、結局は要人発言(トランプ氏など)で動いただけの相場になりました。 今の相場は、ファンダやチャートで動くのではなく、誰が何をいうのかにより反応する事が多くなっています。 特に相場をかき …

10月4日から8日の相場展望

明日からの相場展望ですが、結論を言うと、様子見にしたいと考えています。 先週はドルが大きく動きました。ここのところ相場に対する不安要素が多く、数週間様子見にしていましたが、先週少しは不安要素が減ったの …

カテゴリー